スピーチ
その作成法と実例集

サイト案内 | スピーチの基本T U V | 朝礼のスピーチ | 朝礼の話  | 結婚式のスピーチ | 葬儀の挨拶
挨拶のまとめ方 | アドバイス | スピーチの実例 | 有名人のスピーチ | スピーチ話題集 | 相互リンク集
スピーチであれ、日常会話であれ、話すとは自分の持っている知識、知恵、経験、考え、思い、気持をすなおに語ることなのです。
無理せずそのままの自分を表現した時、人の心にひびきます。

Profile

SEIWA話し方教室
川上一郎
埼玉県在住
会社概要

スピーチの基本
朝礼のスピーチ
朝 礼 の 話
結婚のスピーチ
葬儀の挨拶
挨拶のまとめ方
ア ド バ イ ス
スピーチの実例
有名人のスピーチ
スピーチ話題集





Site MapGoogle Sitemaps用XML自動生成ツール


ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録グーグルブックマークに追加はてなブックマークに登録Livedoorクリップに登録
スピーチで最も大切なこと
 スピーチがうまくいく時とそうでない時の決定的な違いがあります。それは自分が何を言いたいのか明確につかんでいるかどうかです。自分が何を言いたいのか曖昧のままの話し方ですと、聞いている方にはなおさら話が伝わりません。


 大切なのはスピーチを始める前に、自分が何を言いたいのか確認をしておくことです。自分が一番言いたいことを、あらかじめ20文字くらいにまとめておくといいですね。20文字くらいですと自分でも覚えやすいですし、聞く人にもスッと伝わっていきます。それがスピーチ作成法のかなめです。

スピーチの基本

話し方の作法話し方にゆとりと美しさを創ります
スピーチの作成法スピーチには基本型があります
主題を決める自分の一番言いたいことを見つけます
スピーチのまとめ方スピーチをパターン化してあります
スピーチのまとめ方 例1話題組み合せ法によるスピーチ
スピーチのまとめ方 例2起承転結法によるスピーチ
自己紹介のレッスン自己紹介のマニュアルです
スピーチのテクニックスピーチを生き生きさせます
内容+身体言語人は視覚でも話を聞きます。
スピーチに大切な伝える力話す力は誰にでもあります。でも・・

朝礼のスピーチ

= スピーチのネタと作成法 =

実例集1チャンスは至るところにある / 古ぼけたカバン / 結婚詐欺師の話術を盗め / 偉人の名言より / 気をつけたいホメ言葉 / コンプレックスの話 / 松下幸之助の「水道哲学」 / 女性の魅力「あいうえお」
実例集2最近の社会事情 / 私の目撃した交通事故 / 社内での名前の呼び方 / 勘違いの話 / 素敵な人 / 日本語のコミュニケーション / 泥棒対策 / ジョギングの話
実例集3ほめることの大切さ / 私のエコ生活 / 学食の箸はエコか / 私のメタボ対策
/ 私の心がけていること / 高齢化社会を実感 / 定年後は地域活動 / 悩むなら歩きながら
実例集4朝のあいさつ / 励まされた記事 / 情けは人の為ならず / 杉山 愛さんのこと / 私のウォ−キング / 雑誌より / 最近受けた感銘 / 人のふり見て我がふりなおせ
実例集5私の失敗 / 頭のストレスは肉体で解消 / 高齢者の運転 / ダイエットの怖さ / 送別会において / 時間の経ちかた / 朝の有効活用 / 私のレーシック体験
実例集6起承転結法】 人生の失敗 / チャンスについて / 私と生け花 / 就職内定者の傾向 / 生産者は怒ってます / 私の友人
実例集7中国女性が「尖閣は日本領土」 / 日中海洋戦争でも日本有利 / 仏さまとはどんなお方? / かごめの歌・・その謎

朝 礼 の 話

= 朝礼の話はなごやかな話題で =

実例集1 私の健康法 / 私の目標 / 趣味の話 / 私の感動体験 / 思い出の社員旅行 / 私の好きな時間 / 最近感じたこと / 旅の思い出
実例集2休日の過ごし方 / 小さな幸せ / スポーツから / 私の生きがい / 私の好きなお店 / 運動不足解消法 / 昔の街・今の街 / 人生相談を読んで
実例集3私の物忘れ / なぜ赤ん坊はかわいいのか / 私の家庭菜園 / イベントに参加して / 私のダイエット法 / 私は山が好き / 酒での失敗 / 子どもの頃の夢
実例集4思い出の土地 / 私は花粉症 / 朝は笑顔で / 私は春が好き / バーゲンセールにて / わが家の味 / 母の日のプレゼント / 友達のウチの犬
実例集5最高にびっくりした話 / 私のサイドビジネス / 娘の涙 / 私の癒し 数独 / 花火大会そのあと / 私の節約生活 / 老いた母 / お味噌汁と愛
実例集6感動の運動会 / 私の子ども時代 / あゝ勘違い / 蚊に刺されやすい体質 / 私の引ったくり事件 / レジ袋について / 私の靴 / 体験募集を体験して
実例集7尾瀬の思い出 / 皇居雅楽演奏会を観賞 / ゴルフの奥深さ / 料理教室へ通って / 各国の料理を食べ歩いて / 私の野菜栽培 / 私のカーリング体験 / イケメンのお嫁になりたい

結婚式のスピーチ

主賓の挨拶来賓の挨拶(上司) 来賓の挨拶(友人)
両家代表の挨拶簡単スピーチ法
例文1夫婦ゲンカは思うさまおやりなさい / お説教はいたしません / 夫婦は針と糸の関係
/ 長話と子供ごころ / 他人が見ても楽しい家庭を
例文2幸せの三つの音 / 愛はいつも違います / あうんの呼吸 / スリーH / 夫婦は他人!
例文3森村桂さんの再婚を祝って / 結婚四回落第生 / 女は大根やサンマとは違う! /
妻は夫のライバルとなることを恐れるな
例文4かわいいって云って / トゲのない薔薇の花 / 結婚生活と居場所 / 職場の同僚として(性格編) / 友人として
例文5赤い糸 / 新緑の頃 / 桜の咲く頃 / 薔薇と結婚式 / 落葉の頃
例文6夏の結婚式にて / 愛は投資 / 夫婦は両手の働き
例文7震災後の結婚スピーチ】 地域へ溶け込んで / 家族の絆 / 大切な人を大切に /
くじけない力強さ

葬儀の挨拶

お悔やみの言葉通夜の挨拶告別式の挨拶精進落しの挨拶
弔辞(例) 里見 ク  佐多稲子  太田 薫
会葬のお礼(例) 松永伍一

挨拶のまとめ方

転任の挨拶PTA役員就任の挨拶1PTA役員就任の挨拶2
PTA役員退任の挨拶新年の挨拶新入社員の挨拶

スピーチ アドバイス

効果のあがるスピーチ (諸星 龍) まず会場にとけこむこと (田 英夫)
短い話はユーモアが大事 (石山四郎) 筋道を立てて (塩月弥栄子)

スピーチの実例

1. 不完全そのままで美しい2. いたわりの言葉で・・3. 私のそそっかしさ
4. 街路樹の伐採について5. 江戸しぐさ6. 私の好きな場
7. 母を語る8. 久しぶりの受験9. 私の青春
10. 感銘を受けた・・11. フリーマーケットの体験12. あるテレビ番組を観て
13. 私の通勤風景14. アイコンタクトの大切さ15. 私のワーキングホリディ
16. 一枚のハガキ17. 私の海外旅行18. 素敵な二人の女性
19. 私を変えた一冊の本20. 私の家はゴミ屋敷?21. 大切にしていること
22. 私の中学時代23. 母と子の話し方24. 愛犬の吐血

有名人のスピーチ

皇后 美智子さまリンカーン大統領オバマ大統領ルー・ゲーリック
吉川英治女優 高橋惠子川端康成宮城まり子
本田宗一郎高田敏子大来佐武郎宗次郎
セヴァン・スズキ

スピーチ話題集

趣味関係生活思い出関係会社関係
自己啓発こころ家族・知人健康
TV・娯楽味覚雑学社会問題
世間人生・哲学雑談風旅行
おとこ・おんな自然スポーツその他

スピーチの心構え

話すことは本来楽しいはずなのに、なぜか話すことにプレッシャーを感じる人が多いですね。特に人前でのスピーチとなると、ほとんどの人が苦手意識を持っています。小さい頃から比較社会、競争社会のなかにいますから、話すという行為のなかに、「よく思われたい」「失敗したくない」「自分を見すかされたくない」などといった余計な思いが入っているからです。こうした心の構えが人前で話すことへのプレッシャーのかなりの部分を占めます。


  よけいな心の構えをとるというのは、出来る限り素直な、飾らない、そのままの自分を出すということです。話からよけいな力みをとると、ずいぶんと楽になります。自分の知性をひけらかしたり、「どう、いい話でしょう」といった気持ちがにじみますと、そのスピーチは失敗します。確かにその場では「よく出来た」と自己満足しますが、そうした話し方がスピーチへのプレッシャーとなっていきます。


  無理のないそのままの自分を語ることで、話す本来の楽しさを取り戻すようになります。人は自分を表現することが楽しいのです。にごりのない純粋な表現ができればいっそう楽しいのです。話す楽しさは、そのままの自分を語ることから生まれます。スピーチをする心構えは、自分の持っている知識、考え、思い、経験を素直に語るということに尽きると思います

嫌がられる話し方

人に嫌がられる話し方のひとつに自分の考えや知識をひけらかしたり押し付けたりする話し方があります。これはスピーチや会話のいずれにも当てはまりますが、こういう人の話に接すると心に抵抗を覚え、なんとなく嫌になりその人を避けるようになります。


  こういうスピーチや会話にはどこかに自分を優位に置く心が隠されています。私の体験では、話の内容が聞き手中心ではなく自分中心で話すときこうした話し方になっています。自分中心とは自分を表に出す心ですから、自慢する心やひけらかす心、押しつける心です。その人の話にこれらの心を感じるから人が嫌がるのです。

話の苦手な人は

自分は話が苦手だと思っている人は、話すことの楽しさをあまり感じない人でもあります。ひどい人になると日常会話すら楽しくなく苦手だと思っている人もいます。


  よく私は話すより聞くほうが得意だという方がいますが、本当でしょうか?人の話を心から楽しんで聞いてあげているのでしょうか?
実は、幼少年期に自分の話をじっくりと聞いてもらった体験の弱い人が、話すことの楽しさを身につけずに苦手意識を持つのではないかと思えるのです。そして話をよく聞いてもらう体験が乏しいと、自分もまた、人の話をよく聞いてあげることが出来ないのです。


  話す楽しさを知るためには、自分の話をじっくり聞いてもらう必要があります。いくつになっても遅くはないのです。人生では、得られなかった体験をまがりなりにも体験することで自分が変わっていきます。スピーチは話す楽しさを知るところから始まります

自己限定をしない

話す力は誰にでもあります。私たちは話すために生まれてきているからです。ただ「私は話すのが苦手だ」という思い込みが、自分の話す力にフタをしているのです。「でも私は生まれてこのかた一度も人前で上手に話したことはない。だから話す力なんてもともと無いのだ」こう思われる方もあるでしょう。ではあなたは、いく度人前に出て話をしたことがあるでしょうか。


  運動も話し方も同じで、練習をしなければもともとある力も出てきません。大切なのは、自分には話す力は無いと自己限定をしないことです。ちょっとの練習で話す力は出てきます。自分の進歩向上をさまたげる最大の要因は自己限定です。


  話す能力が人によって差が出るのは、話の内容です。日常の生き方、考え方が内容に差をつけます。

お世話になっている素材やさんです。

牛飼いとアイコンの部屋
女性

TOPへ

スピーチの基本朝礼のスピーチ朝礼の話 | 結婚式のスピーチ葬儀の挨拶挨拶のまとめ方 | スピーチの実例有名人スピーチ

【PR】  賃貸・不動産情報国内最大級のホームルーム

Copyright (C) SEIWA Kawakami All Rights Reserved /2009 6 1
このホームページに記載された全てのコピー・転載を禁じます。